貿易の仕事に有利な資格|経理に転職してまだ見ぬ自分に出会おう|チャンスは逃がさない
男の人

経理に転職してまだ見ぬ自分に出会おう|チャンスは逃がさない

貿易の仕事に有利な資格

男性

国際化の進展で需要が拡大

国際化の進展に伴い、現代は国境を越えたヒトやモノの往来がかつてないほど盛んな時代となっています。こうした社会情勢に合わせて求人件数が増加しているのが、貿易事務の仕事です。貿易事務とは、モノの輸出入に必要な各種の手続きや、取引相手との折衝などを行う仕事です。一般企業における事務と変わらない部分もありますが、語学力や国際的な商習慣に関する知識など、独自のスキルが求められる面も多々あります。グローバルな視点で仕事をしたいと考えている人に適した職種です。貿易事務の仕事に就くのに特別な資格は必要ありませんが、実務能力を証明する資格を持っていれば求人に応募する際に有利です。そうした資格の1つに、貿易実務検定があります。

就職のアピールポイントに

貿易実務検定は、貿易関連の業界団体が独自に認定している民間資格です。1998年から実施されており、2016年3月の時点で受験者数が累計15万人を超えているという、業界内では非常に知名度の高い検定資格です。貿易実務検定は、貿易に関する基礎知識から関連する法務や税務、金融、マーケティング、実用英語に至るまで幅広い知識や実務能力を問う試験です。合格者は商社・運輸業者・通関業者などさまざまな分野での活躍が期待できます。貿易実務検定にはA級・B級・C級の3つのレベルがあり、難易度はこの順番に高くなっています。求人応募時に取得するだけでなく、就職後に上級レベルに挑戦することによってキャリアアップを図ることも可能です。